ゼリアオンラインショップ

  • 新規会員登録
  • 1,000円以上のご注文で送料無料
  • ショッピングガイド

肌の貯水タンク コンドロイチン

クリームの決め手はゼリア新薬のコンドロイチン*

優れた保水持続力を持つゼリア新薬の
コンドロイチン(純度の高いハイグレードタイプ)を配合

コンドロイチン

肌をぷるぷるとハリのある状態に保つ成分として、食品や医薬品に使用されているのはヒアルロン酸が有名ですが、多くの体内組織に存在し、保水性と潤滑性を担っているのがコンドロイチンです。
『コンドロイチンはひじやひざでは・・・・?』という印象が強いですが、ひじやひざなどの摩擦が多い組織でもその潤滑性に定評があるように、肌の真皮のコラーゲン線維に密着し、クッションのようにしっかりと内側から支え、持ち上げることでふっくらとしたハリを与えます。
*コンドロイチン硫酸Na

コンドロイチンがうるおいを保つわけは?

水分保持のメカニズム

コンドロイチンの高い保湿性の秘密はその構造にあります。コンドロイチンは生体内の蛋白質と結合することでブラシのような毛状の姿で体内に存在しています。

その毛状の1本1本の組織がマイナスに帯電しているため、互いに反発し合い隙間を作り出しています。そのためこの隙間に水の分子が引き寄せられ、多くの水分を貯めることが出来るのです。

肌の中では真皮の部分にヒアルロン酸とともに多く存在するコンドロイチン。
大量の水分を抱え込む貯水タンクの役割を果たしているコンドロイチンがあるからこそコラーゲンなどに水分・栄養分が供給されたり、逆に貯えられた水分で老廃物が運びだされたりして肌の弾力が保たれているのです。

年齢によるコンドロイチンの変化

体内のコンドロイチンの年齢による変化

加齢とともに身体の機能は日々衰えていきます。コンドロイチンを身体の中でつくる機能も加齢に伴って低下していきます。
肌のハリや保水力は日々失われていくのです。

肌の水分量が年齢とともに低下するのはコンドロイチンの生産能力が低下してしまうことが原因のひとつと考えられています。その体内合成量は60歳を過ぎるとなんと、20代のころの約6分の1にまで減少するとも言われているのです。

基本ステップ

イオナR商品紹介

イオナRの3つの魅力

カートを見る